アラフォーサラリーマンの日常からネタを抽出中。納所のブログではありません。

なっしょブログ

生活のハウツー

毎日身体がだるいときの対処法。日本人には○○は不要かもしれない。

投稿日:

毎日仕事を頑張って身体がなんだかだるい。

重い体を引きづりながら会社へ向かっている人もたくさんいらっしゃることでしょう。

なんか何をしても身体がだるいんだけど・・・なんてお困りのあなた。

難しいことはさておき、まずはカンタンにできるところからチェックしていきましょう。

スポンサーリンク

毎日身体がだるいときの対処法。日本人には○○は不要かもしれない。

毎日身体がだるい

なっしょ
毎日身体がだるいのであれば原因があります。

・睡眠不足
・働きすぎ
・パソコンやスマホなど電子機器を使いすぎ
・寝具があってない
・寝るときまたは寝ている最中にに足元が冷えてしまっている
・寝る前2時間以内に飲酒やカフェインを摂取している
・満足な食事を摂っていないことによる栄養不足
・運動不足で血流が鈍っている

ざっと考えただけでもこれだけの原因があります。

身も蓋もない言い方になってしまいますが、むしろ現代人はこれらの事態を避けることが難しいので身体がだるい日があってもしょうがない、くらいに考えたほうが精神衛生上は良いかもしれません。

日本人には糖の入ったジュースは不要かもしれない

日本人は米から糖分を摂取してきました。

よって砂糖を直接摂取するとどうも糖分を吸収しすぎるようなのですね。

糖分を摂りすぎると身体がだるくなるようです。

よって手軽にできる身体のだるさの解消法とは「ジュースを飲まない」ことです。

スポーツドリンクなども糖分がたくさん入っています。

熱中症予防にはとても有効ですのでスポーツドリンクのある程度の摂取は仕方ない部分もありますが取りすぎには注意です。


スポンサーリンク

寝起きにだるい日が続く場合は

十分に眠れていない可能性があります。

その理由は先述のとおりです。

なっしょ
特に足元が冷えると眠りの質が下がります。

寝相が悪くて足元の布団をはいでしまう場合はエアコン設定で回避するか、または布団を敷布団の下に挟み込んで剥ぎ取れなくするなどの対策が考えられます。

なっしょ
また寝酒も眠りの質を下げます。

どうしても夜にお酒を飲みたい場合は就寝前2時間以内は控える、飲酒後は安全な限りにおいてストレッチなど運動をする、ことで眠りの質の低下をある程度防ぐことができます。

いずれにせよ一番効果的なのはジュースの摂取をやめることでした。

なっしょ
効果てきめんでしたよ、僕の場合は。

たまには飲んでもいいかもしれませんがジュースの飲みすぎには注意したいものですね。

毎日身体がだるいときの対処法。日本人には○○は不要かもしれない。~結論~

なっしょ
いかがでしたでしょうか。

毎日からだがだるい場合は
・ジュースや寝酒を控える
・睡眠の質の向上

で対処してみてください。

本記事が少しでも参考になれば倖いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-生活のハウツー
-,

Copyright© なっしょブログ , 2020 All Rights Reserved.