アラフォーサラリーマンの日常からネタを抽出中。納所のブログではありません。

なっしょブログ

生活のハウツー

仕事を辞めたいがどうすればいいか。給料は良いので辞めるのが不安な時は。

投稿日:

仕事をやっていると、もうダメダと思ってしまうタイミングというのが訪れることが頻繁にあります。

職場の人間関係や顧客や営業さんの高すぎる要求などプレッシャーを感じる場面は多々ありますよね。

特に何をしたらよいかもうどうすればいいのかわからない、なんて感じてしまうこともあることでしょう。でも家族がいるし今の会社の給料も生活できるだけはもらってるしなんて考えるとうつになりそうですよね(涙)

そんな時は仕事を辞める辞めないの前に、まず現状がどうで仕事を辞めて再就職したらどうなる可能性があるのか、など準備を進めて見通しをつけてみてはいかがでしょうか。

ちょうど僕も仕事を辞めたくなったので一から準備について考えてみました。

仕事を辞めたいがどうすればいいか

まずは会社の私物を持ち帰る

会社に私物が残っていると辞める人も残る人も扱いに困りますよね。退職を伝えてからあるいは退職してから整理しに会社に行くというのもなかなかのプレッシャーだと思います。

そんな時のために職場の私物をなるべく処分しておけばよいでしょう。タイミングとしては年末の大掃除のときがやりやすいですね。また年末じゃなくても「シンプルな生活に憧れてて」などと理由をつけて身の回りの資料や私物などを整理してみてもいいかもしれません。

もちろん会社からの貸与物(携帯電話とか社員証とか制服とか)も返却できるようにしておきましょう。

業務マニュアルを作成しておく

自分が居なくても仕事がまわるように業務の引継ぎがスムーズにできるようにしておけばよいでしょう。マニュアルでなくとも「普段から自分の業務を一人で抱え込まず定期的に誰かに話しておく」という手段もあります。

それらが難しい場合は「業務量自体を減らすようにする」とか「一人で仕事をするのではなくて必ず誰かを巻き込む」とか。これも難しい場合はやっぱりマニュアルかな。マニュアルというと大げさですが最低限メモでもいいんじゃないでしょうか。

メモの主な内容は自分でしか知りえない情報がメインです。例えば「お客様の連絡先や担当者をメモしておく」とか「残課題を課題管理表にしておく」とか。PCのファイルの場所を自分しか知らないなら「資料の場所を書いておく」とか。

環境づくり

仕事を辞めそうにない人がいきなり辞めると周りのひとがびっくりします。あまり良い事にはならないですね。なのでまずはジャブを打っていきましょう。

「元気がない雰囲気を出す」「普段から辛いと思っていることを他人と共有しておく」「上司との面接があるならば仕事が辛いと伝える」などが考えられます。

あとは心療内科に通院して通院している旨を上司に伝えることです。うつ病診断が下るとおやすみモードになりますがならなくてもある程度のインパクトを与えることはできます。

仕事を辞めたいが給料は良いときの不安

次の職場でも十分な給料がもらえるのか

やっぱりなんといってもこれが不安でしょう。給料。仕事をやめたとして同じくらいの給料をもらえるのか。それとも生活の質を落とさなければいけないのか。

まずは僕の現在の給料を見てみましょう。ある月の僕の場合の給料です。

総支給額 294,142円

総支給額は30万円近くありますね。ちなみにこの月は残業がほとんどありませんでした。

ここからいろいろ引かれます。

大事な健康保険

基本保険料 10,739円
特定保険料  4,349円
調整保険料   144円

保険料なので病院を受診する時に保険証を使って3割負担になるありがたいシステムですね。3種類あるけどなんだろう。OBC Netサービスさんのサイトで調べてみたのですがわかったようなわからないような感じです。要は支払う対象が違うってことか。

基本保険料は自分たちが受けるサービスの維持のために、特定保険料ってのは僕らが高齢者さんを支えるために、っていう感じに読み取れました。調整保険料はよくわからん(汗)

参考:社会保険と国民健康保険の違いと切り替える際の対応

失業すると国民健康保険に切り替えて、就業すると社会保険に切り替えるのですね。面倒だけど大事。

じゃあ国民健康保険ってどれくらい支払うのか調べてみたのですが、詳細はよくわかりませんでした。でも結構高い金額になるみたい。

参考:お金に生きる 国民健康保険は高い!その理由と安くするためのテクニック5選+1

月額50,000円を超えたりするらしい(汗)で、でかいよこれ・・・。会社が結構支払ってくれてるんだな。

年金も収めなきゃ

厚生年金 31,110円

会社に入っていると厚生年金ってのを支払ってます。会社が支払わない場合は国民年金を自分で払うのですね。自営業者とかは国民年金。

厚生年金の場合は会社が半分負担してくれてるとか。つまり 62,220円をお国に支払ってるのかな?

大きな違いはやっぱり厚生年金に加入していたほうが老後の年金の支給金額が大きいこと。だいだいですが国民年金のみ満期支払いだと月額数万円。厚生年金を満期支払いだと月額20万円近くになるようですね。

なので退職したらひとまず国民年金を支払わないといけないのですね。令和元年では国民年金の金額は月額 17,000円くらいのようです。高いな。

参考:厚生年金と国民年金の切り替え手続き方法は?就職、退職時は要注意

1日でも空きができたらダメとのこと。退職時には国民年金加入の手続きが必要なんですね。厚生年金は会社が勝手に止めてくれるみたい。

雇用保険料

雇用保険料 1,176円

こちらは失業時の失業手当を受けるための保険かな。意外と安い。

スポンサーリンク

参考:経理通信 従業員を雇用したとき、退職したときの手続きってどうやるの?

退職した場合は雇用保険資格喪失証を会社から受け取って管轄のハローワークに退職した翌日から10日以内に雇用保険被保険者喪失届を提出しましょう。とのことです。離職票に必要とのこと。離職票は失業保険をもらうために必要なんだな。ふむふむ。

ここまでが非課税対象の天引項目。課税とは所得税と住民税ですね。以下に出てきます。

所得税

所得税:4,810円

所得税は所得の高い人ほどたくさん支払う税金ですね。主にお国におさめるのか。もし社会保険料などが課税対象になると所得税も上がっちゃいますね。

住民税

住民税:15,200円

住民税は地方に支払う税金か?県に収めるのかな。ちなみに近年流行りのふるさと納税で

【ふるさと納税】北海道海鮮紀行いくら(醤油味)【1kg(250g×4)】
価格:25500円(税込、送料無料) (2019/9/14時点)楽天で購入

住民税の金額を安くすることができるらしいですね。実は我が家もふるさと納税を行っており確かに前月から3,000円ほど安くなってました。

ちなみに40歳以上になると介護保険料が発生します。

介護保険料

介護保険料ってどれくらいなんかな。

参考:Panasonic みんなの介護相談 Q&A

どうも月額6,000円くらいらしいですね。結構痛いなあ・・・。

その他

組合費やら共済費やらまとめて1万円くらい引かれてました。うむむ。

結局は手取りはいくら

手取り:214,931円

でした。

総支給額 294,142円

なので約8万円が天引されてるのですね。

仕事を辞めて会社を退職するとどうなるか

退職後も支払わなければならないもの

国民健康保険 53,000円
国民年金   17,000円
所得税     4,810円
住民税    15,200円
雇用保険    1,176円
介護保険料 6,000円(40歳以上)

合計 97,186円

失業保険がどれくらいもらえるのかわからないですが結構痛いなこれは。退職金もあれば支払いに補填していく感じですね。所得税は前年の収入を参考に発生するので1年間はしょうがない、となります。苦しい。

例えばアルバイトの週5勤務の8時間の時給2,150円の職についたらどうなるの

週5勤務の8時間の時給2,150円で月額344,000円かな。ここから約10万円が引かれる。つまり手取り約24万円ですね。家族4人生活できないほどではないような気がする。

もっとも雇用先に厚生年金やら社会保険があれば金額は変わってきますが国民健康保険⇒社会保険が安くなるのと国民年金⇒厚生年金が高くなるので相殺されるような気がする。

やっぱりこの条件だと手取り24万円くらいか。

新しい会社の注意点

□ 通勤費は出るか
□ 通勤方法の制約はあるか
□ 雇用保険や社会保険や厚生年金に対応しているか
□ 退職金は出るか
□ なにかおかしなものを自費で購入する契約になってないか
□ 雇用時に労働条件はきちんと提示されているか
□ 社用車で事故を起こした時の自己負担があるかないか
□ 人の入れ替わりはどうか
□ 社内の空気はどうか
□ 業務手順ははっきりしているか

ぱっと思いついたのはこれくらい。気になるなあ。

仕事を辞めたいがどうすればいいか。給料は良いので辞めるのが不安な時は。~結論~

五十嵐優美めがね

仕事を辞めたいと思ったときの給与面、金銭面を中心にみてきました。

う~ん、失業してても毎月約10万円を持っていかれるのですね。でかいよこれ。

ちなみに失業保険も確認したのですが

参考:失業保険はいくらもらえる?期間は?「雇用保険」の基礎知識!

む、難しいよくわからん。でもどうやら僕の場合は 日当 6,000円 を 120日 もらえる感じか? 日当6,000円だと30日とすると月額18万円か。でもうち10万円はお国の税や地方税で消えていくのね。なんてこった。

タイムリミットも4ヶ月ですね。これを超えると退職金を削っていくことになるのか。

社会保険料が結構痛いですね。ニートさんとかどうしてんだこれ。ホントにいたい。もっとも支払いに困っている人には各種の措置があるみたいですがこちらも複雑ですわ。

今回は僕の給料を元に考えてみました。人によってライフスタイルは違うでしょうが参考になれば倖いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

仕事に関するその他の記事はこちらのサイトにも記載しております。
スポンサーリンク

-生活のハウツー
-,

Copyright© なっしょブログ , 2020 All Rights Reserved.